トップ

富山県射水市における人口の推移について

富山県射水市は、県の西部に位置し、東を富山市に隣接する市となっています。平成の大合併に伴って2005年に誕生をしており、かつての4町村と1市からなる比較的新しい歴史を持っています。富山県射水市の人口は、国勢調査データを参考としたものとして、総数においては2015年で91,868人となっており、内訳として男性で44,496人、女性で47,372人となります。。データでは、3.5人に1人が65歳以上となっており、75歳以上に関しても7.6人に1人の割合となっています。ここでは、高齢者と生産年齢人口の比率が1対2となっており、これは、1人または2人の青年や壮年、中年で、1人の高齢者を支えていくことを意味します。総数の推移としては、2007年の約95,000人をピークとして毎年減少をしており、合併が行なわれた2005年からのでは、トータルで2%となる1,940人が減少をしています。富山県射水市では、1つの指標として、出産や子育ての中心となる若い女性を見た場合、2015年においては20~39歳の人口は約8,8000人となっており、総数に占める割合としては9.6%となっています。但し、2010年からの推移を見た場合には16.5%の減少となり、これは、出生数が2010年の705人から2014年の673人に減少をしてきことと、ほぼ同じラインを辿っています。

射水市の人口情報

新着情報

↑PAGE TOP